シ ン ポ ジ ウ ム  「化 学 反 応 経 路 探 索 の ニ ュ ー フ ロ ン ティ ア」

● シンポジウム「化学反応経路探索のニューフロンティア2019」
 本シンポジウムは、
 化学反応経路探索の新手法の開発と応用研究 ならびに化学反応の理論研究の最先端について
 討論する場として、2009年より始められました。分子科学討論会の開催時期にあわせて、こ
 れまで、名古屋、京都、札幌、東京、京都、広島、東京、京都、仙台、福岡で開催し、11回
 目となる2019年度は名古屋で開催いたします。

 本年度は、以下の要領で開催を予定しております

 日時:   2019年9月16日(月祝)9:30-17:30
 講演会場: 名古屋大学 野依記念学術交流館  
 アクセス: 地下鉄名城線「名古屋大学」駅2番出口から徒歩5分程度

 主催: 量子化学探索研究所
 共催: 名古屋大学大学院情報学研究科
 協賛: 日本化学会、触媒学会、分子科学会

 参加費: シンポジウムは無料、懇親会は有料

 懇親会: 日時:2019年9月16日(月祝)18:00-(予定)


●プログラム(*印:招待講演、○印:登壇者)
       各講演の「表題」をクリックすると(投稿済みの)要旨PDFが開きます。

 9:00 受付開始

 9:25 開会 古賀伸明
*9:30-10:00 ○北村勇吉(名古屋大学) 
    化学反応エルゴードグラフィに向けた自由エネルギー面探索:溶液中の構造最適化と振動解析
    Exploring Free Energy Surface Towards Chemical Reaction Ergodography: 
    Structural Optimization and Vibrational Frequency Analysis in Solution
*10:00-10:30 ○山下雄史(東京大学) 
    分子動力学シミュレーションでせまるタンパク質間相互作用
    Molecular dynamics simulations reveal the protein-protein interaction
*10:30-11:00 ○能登香(北里大学) 
    HIV-1 外被糖タンパク質上の糖鎖を認識する抗体の親和性に関する理論的研究
    Theoretical study on the binding affinities of antibodies with 
    the glycans of the HIV-1 envelope glycoprotein
*11:15-11:45 ○阿部穣里、佐藤有汰留、波田雅彦(首都大学)
    化学反応経路中のウラン同位体効果
    Uranium isotope effects in chemical reaction pathways
*11:45-12:15 ○斉田謙一郎(北海道大学)
    無輻射失活経路探索計算による光反応性の予測
    Theoretical Study on Photoreactivity: 
    Systematic Search of Intersystem Crossing Pathways

 13:25-14:55 ポスター発表 (発表者・講演表題:準備中)

 14:55-15:15 ○木下真之介(広島大学)
    時間分解紫外分光法と化学反応経路自動探索法による桂皮酸エステルの
    trans → cis光異性化経路の解明 
 15:15-15:35 ○山崎馨1、落合宏平2、Z. Jurek3、R. Santra3,4、N. Berrah5、上田潔6、河野裕彦2
  (1東北大金研, 2東北大院理, 3DESY-CFE, 4Univ. Hamburg, 5Univ. Conneticut, 6東北大多元研)
    「X線自由電子レーザーによって引き起こされるC60多価カチオンの分子
    フラグメント生成動力学」
*15:35-16:05 ○山本芳彦(名古屋大学)
    DFT計算に導かれたルテニウム触媒反応開発
    Development of Ruthenium-Catalyzed Reactions Guided by DFT Calculation
*16:20-16:50 ○沢邊恭一(名古屋大学)
    金属ナノ粒子触媒の形態効果に関する理論研究
    Theoretical study on a morphology effect of metal-nanoparticle catalysts
*16:50-17:20 ○奥村光隆(大阪大学)
    「理論計算による構造探索及び機能触媒探索のとりくみ」
    Theoretical approach of structural search and new catalyst development

17:20- 閉会


 実行委員(世話人):(名古屋大学)古賀伸明、長岡正隆、張賀東、井内哲

● [シンポジウム: 発表・参加申込]


シンポジウム連絡先(世話人代表:古賀伸明)
名古屋大学 大学院情報学研究科 複雑系科学専攻 物質情報論講座
E-mail: srps2019office[at]gmail.com ([at]を@に直してご利用ください)
 

IQCE連絡先: sr*ps@iq*ce.jp (*を外してご利用ください)