シ ン ポ ジ ウ ム  「化 学 反 応 経 路 探 索 の ニ ュ ー フ ロ ン ティ ア」

● シンポジウム「化学反応経路探索のニューフロンティア2018」
 本シンポジウムは、
 化学反応経路探索の新手法の開発と応用研究、ならびに化学反応の理論研究の最先端について
 討論する場として、2009年より始められました。分子科学討論会の開催時期にあわせて、これ
 まで、名古屋、京都、札幌、東京、京都、広島、東京、京都、仙台で開催し、10回目となる
 2018年度は福岡で開催いたします。

 本年度は、以下の要領で開催を予定しております

 日時:    2018年9月14日(金)9:30~17:30(予定)
        ※福岡空港19時発の航空便に十分間に合うよう設定します。
 講演会場:  九州大学筑紫キャンパス  筑紫ホール : PDF地図30番
 アクセス:  JR博多駅→(鹿児島本線)→JR大野城駅  歩4分(大野城門経由)

 主催:    量子化学探索研究所
 協賛:    日本化学会 分子科学会、触媒学会
 後援:    日本分光学会

 参加費:   シンポジウムは無料、懇親会は有料

 懇親会:   日時:2018年9月13日(木)17:00-19:00
        場所:「リタの農園」(http://litafarm.jp/)
           ベイサイドプレイス博多入口(福岡国際会議場から徒歩8分)
           ※16:30より入店可
        懇親会費:事前予約は一般4,000円、学生2,000円、
             当日申込は一般5,000円、学生3,000円

 実行委員(世話人):(九州大学)古屋謙治、薮下彰啓、青木百合子、原田明


プログラム (暫定版)

  ・・ 招待講演 ・・  前田 理(北大院理)  人工力誘起反応法によって化学反応の機構を理解する  Understanding the mechanism of chemical reactions by the artificial force induced reaction method  樋山みやび(群馬大理工)  実験と理論計算からのホタル生物発光機構へのアプローチ  Approach for understanding firefly bioluminescence mechanism using experimental- and theoretical methods  杉本 学(熊本大工)  電子状態インフォマティクスによる機能分子探索  Electronic-structure informatics for discovery of functional molecules  塩田淑仁(九大先導研)  金属オキソ種によるメタン活性化の理論的研究  Theoretical study of methane activation by metal-oxo species  高柳敏幸(埼玉大理)  NaCl-(H2O)nクラスター中のイオン解離過程の反応座標:GRRM法の応用  Reaction coordinates for ionic dissociation processes in NaCl-(H2O)n clusters: Application of GRRM method  古賀伸明(名大院情報科学)  遷移金属錯体による触媒反応の反応機構の理論的研究  Theoretical study of mechanism of some catalytic reactions by transition metal complexes  佃 達哉(東大院理)  ヒドリドをドープした金超原子:生成、構造、反応性  Hydride-doped gold superatoms: formation, structure, and reactivity ・・ 一般講演 (準備中)・・ ・・ ポスター発表 (準備中)・・ ● [ シンポジウム: 発表・参加申し込み ](左のリンクをクリックする申込ページが開きます))

スケジュール   口頭発表申込〆切:   2018年7月31日(火)   ポスター発表申込〆切: 2018年8月15日(水)   発表要旨提出〆切:   2018年8月31日(金)   懇親会事前予約申込〆切:2018年8月31日(金)

シンポジウム連絡先(世話人代表:古屋謙治)
九州大学 基幹教育院
E-mail: srps2018office@gmail.com (@を半角に直してご利用ください)
 

IQCE連絡先: sr*ps@iq*ce.jp (*を外してご利用ください)