シ ン ポ ジ ウ ム  「化 学 反 応 経 路 探 索 の ニ ュ ー フ ロ ン ティ ア」

● シンポジウム「化学反応経路探索のニューフロンティア2017」
 本シンポジウムは、
 化学反応経路探索の新手法の開発と応用研究、ならびに化学反応の理論研究の最先端について討論する場として、2009年
 より始められました。分子科学討論会の開催時期にあわせて、これまで、名古屋、京都、札幌、東京、京都、広島、東京、
 京都で開催し、9回目となる2017年度は仙台で開催いたします。

 本年度は、以下の要領で開催を予定しております

日時: 2017年9月14日(木)10:00-17:30
場所: 東北大学大学院理学研究科合同C棟2F アオバサイエンスホール
アクセス:仙台市営地下鉄 東西線 青葉山駅 北1出口歩2分
主催: 量子化学探索研究所
協賛: 日本化学会、分子科学会、触媒学会      
参加費: シンポジウムは無料、懇親会は有料
懇親会: 東北大学川内北キャンパスBee Arena Cafe(講演終了後、18時~20時の予定)
実行委員(世話人): (東北大院理)河野裕彦、岩本武明、松田欣之、岸本直樹

プログラム予定(正規版は準備中)(*印:招待講演、○印:登壇者)

   (要旨送付先に届いた発表要旨のPDFは、表題をクリックすると、開きます) 9:30- 受付開始 9:55- 開会(河野裕彦) (座長:岸本直樹) 10:00-10:30 *佐藤寛子(情報・システム研究機構,チューリッヒ大学)  QMデータ中心ケミストリ:PESに基づく立体配座の遷移ネットワークの自動推定  QM-based Data-centric Chemistry:PES-based Automatic Deduction of Conformational  Transition Networks 10:30-11:00 *高橋英明(東北大学院理)  QM/MM法によるPSIIにおけるマンガンクラスターの酸化自由エネルギーの解析  Free energy analysis of the oxidation of manganese cluster embedded in PSII protein (座長:松田欣之) 11:10-11:40 *北 幸海(横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科)  多原子分子への陽電子吸着に対するab initio計算  Ab initio study on the binding of a positron to polyatomic molecules 11:40-12:10 *高橋 聡(東北大学多元研)  マイクロ秒分解一分子蛍光分光法によるタンパク質フォールディングダイナミクス  Dynamics of protein folding studied by single molecule fluorescence measurements  at microsecond resolution 12:10-13:20 昼休み (座長:岩本武明) 13:20-14:00 *内山真伸(理研・東大院薬)  理論と実験の協奏による物質創製・機能開発  Synthetic Chemistry and Creation of Innovative Functions by the Integration of  Theoretical Calculation and Experimental Chemistry 14:00-14:30 *高橋まさえ(東北大学院農)  温度依存テラヘルツスペクトルで検出される分子間水素結合ネットワークと非調和性  Hydrogen-bonded network and anharmonicity detected by temperature-dependent  terahertz spectra 14:40-16:10 ポスター発表(90分) P1 小井土 勝一(埼玉大理) P2 岸本 直樹(東北大院理) P3 高田谷 吉智(和歌山大工) P4 小山 拓也(北大院総合化学) P5 堤 拓朗(北大院総合化学) P6 杉山 佳奈美(北大院総合化学) P7 高木 牧人(北大院総合化学) P8  励起状態プロトン移動を引き起こすZn(II)錯体の励起状態の解明 (北大院総合化学1、北大院理2、京大ESICB3)○蝦名 昌徳1、岩佐豪2,3、武次徹也2,3 P9  横内 優来(東北大院理) P10 Gentlest Ascending Dynamics法に基づく遷移状態探索コードの開発 (RIST神戸センター1、原子力機構2)○太田幸宏1、志賀基之2 P11 中原 真希(北大院総合化学) P12 GRRM法による水溶液中ケージドルシフェリンの構造探索  (東京理科大理1、東大物性研2、オペランド-OIL3、モントリオール大4、名大院情報5)   薄倉淳子1、○樋山みやび2、倉田麻貴2、挟間優治2,3、Xingping Qiu4、   Francoise M. Winnik4、古賀伸明5、秋山英文2,3 P13 岡田 朝彦(東北大院理) P14 沖 卓人(和歌山大システム工) P15 三瓶 匡史(北大院総合化学) P16 渡邊啓正、時子山宏明、大野公一(量子化学探索研究所) P17 丁小萌(東北大農) P18 浜口 孔希(和歌山大院システム工) (座長:武次徹也) 16:20-16:50 *古屋謙治(九州大学)  反応物のダイナミックな運動によって隠される反応経路  Reaction paths hidden by dynamic motions of reactants 16:50-17:30 *大野公一(量子化学探索研究所)  ポテンシャルの下方歪みと反応経路自動探索  Downward Distoriton on Potentials and Automated Reaction Path Search (地下鉄東西線 青葉山→川内) 18:00-20:00  懇親会(川内キャンパス内 サブアリーナ棟 Bee ARENA Cafe) ● [ シンポジウム: 発表・参加申し込み ](左のリンクをクリックする申込ページが開きます)

口頭発表申込〆切:2017年7月31日(月)
ポスター発表申込〆切:2017年8月15日(火)
講演会・懇親会事前予約申込締切:2017年8月31日(木)

シンポジウム連絡先(世話人代表:河野裕彦)
東北大学大学院理学研究科化学専攻
E-mail: srps2017@excite.co.jp

IQCE連絡先: sr*ps@iq*ce.jp (*を外してご利用下さい)