295127

RAMSAY MEMORIAL FELLOW 

 

 1904年ノーベル化学賞受賞者で希ガスの発見者として著名なSir William Ramsayの死後

1916年にRamsay卿が永年教授をしていた英国ロンドンのユニバーシティーカレッジ

UCLに記念財団が設立され、若い化学者のための奨学活動が開始されました。

 

日本からは、1920以降、2年毎に1名が選考試験で選出され、英国内の大学に24ヶ月間

の留学が認められてきました。

 

次   氏名   滞留先       主な職

1920-23 松野吉松  UCL       台北大学教授(理)

1923-25 亀山直人  UCL       東大教授(工)

1925-27 高木誠司  UCL       東大教授(薬)

1927-29 山口予平  UCL       東大教授(理)

1929-31 永井雄一郎 UCL       東大教授(理工研)

1931-33 漆原義之  UCL,Oxford    東大教授(理)

1933-35 沢井郁太郎 UCL       京大教授(工)

1935-37 安藤 ()  UCL       東京工大教授(工)

1937-39 大幸 甫  UCL       東京教育大教授(理)

1939- 田中正三  大戦で中止     京大教授(理)

1953-55 齋藤一夫  UCL       東北大教授(理)

1955-57 井口洋夫  Nottigham    分子研教授/所長・東大教授(物性研)

1957-59 枡井雅一郎 UCL       阪大教授(薬)

1959-61 阿武聰信  Oxford      九大教授(養)

1961-63 杉野目浩  Cambridge    北大教授(工)

1963-65 石野栞   Reading      東大教授(工)

1965-67 鈴木仁美 Bedford,London   京大院教授(理)・愛媛大教授・関西学院大教授

1967-69 齋藤太郎  Oxford       東大院教授(理)

1969-71 小岩昌弘  Oxford       京大院教授(工)

1971-73 植村栄  Imperial,London   京大教授(工)

1973-75 加藤肇   Cambridge     神戸大教授(理)

1975-77 大野公一  Sheffield      東大教授(養)・東北大院教授(理)

1977-79 浜口宏夫  Cambridge     東大院教授(総合文化・理)

1979-81 稲垣冬彦  Oxford       都臨床医学総研部長

1981-83 日野照純  Cambridge     千葉大助教授(工)

1983-85 高木謙   Cambridge     広島大助教授(工)

1985-87 上田渉   Cambridge     東工大院助教授(総合理)

1987-89 松尾基之  Leeds        東大院助教授(総合文化)

1989-91 横井邦彦  Liverpool      大阪教大助教授(養)

1991-93 宇野英満  Oxford        愛媛大助教授(分析セ)

1993-95 高橋昌巳  Wales        茨城大助教授(分析セ)

1995-97 内藤康秀  Warwick       電通大助手

1997-99 上田宏   Cambridge      東大院助手(工)

1999-01 山北佳宏  Oxford        東北大院助手(理)

 

注:日本のRamsayFellow名簿(19967)を主に参照してまとめたものです。

誤植や変更等、お気づきの点がありましたらお知らせいただければ幸いです。


[ HOME ]