上の図をクリックすると拡大されます。
超並列化したNeoGRRMで、BCNOSの新しい探索結果が得られました。↓
上の図をクリックすると拡大されます。
上の図をクリックすると拡大されます。

GRRM-News


[GRRM-News]

GRRMプログラムに関連する情報を、GRRM-Newsとして配信しております。以下の、バクナンバーリストをご参照ください。

超並列GRRMの開発

 現在リリースされているGRRM1.22及びGRRM11・GRRM14 は、1つのnode(1つの計算機)内でしか動きません。 GRRMプログラムに搭載された探索アルゴリズムは、使えるコア数が増えれば増えるほど、 探索の並列処理が高度に行われる性質があります。そこで、nodeの壁(計算機の箱の間の空間)を超えて、 GRRMによる探索を並列化する新手法(超並列化)の開発に期待がもたれます。 GRRMの超並列化の取り組みは、既に量子化学探索研究所IQCEの中心プロジェクトの一つとして開始されています。

研 究 発 表 要 旨

 反応経路網の全面探索:GRRM法の超並列化
   (大野公一、岸本直樹、岩本武明: 第7回分子科学討論会、京都)
 マルチノード対応GRRMプログラムの開発
   (大野公一: 第16回理論化学討論会、福岡)
 GRRM法の新展開: 一般最適化 GOPT と超並列 NeoGRRM の開発
   (大野公一: シンポジウム「化学反応経路探索のニューフロティア2012」、東京)
 量子化学探索の効率化と超並列化
   (大野公一: 第15回理論化学討論会、仙台)